【大人になって一瞬使うよ】教科書 小学 算数 「鶴亀(つるかめ)算」

【大人になって一瞬使うよ】教科書 小学 算数 「鶴亀(つるかめ)算」

タイトルに書いた通り、おそらく21歳くらいで突然やらなきゃいけなくなります。はい、就職活動ですね。

就職活動でやることのほんの僅かな部分ですが算数と向き合わないといけません。

算数苦手な人はここで真っ青になってしまいます。

小学生の頃、ブンブンに出来てても忘れるに十分な年月が経過しています。

特に私立文系専願と的を絞った人は思い出すところから始まってしまうでしょう。

友達と話して「懐かしい響き」「名前は分かる」でも、、、

なんで鶴と亀だったかしらwww

では例題セットで振り返りましょうwww





鶴亀(つるかめ)算とは?

中国の数学書、孫子算経の中にある雉兎同籠(じとどうりゅう)、雉(きじ)と兎(うさぎ)の数を求める問題で、江戸時代におめでたい動物とされる鶴(つる)と亀(かめ)に置き換えられたと言われています。

「鶴と亀が合わせて10匹います。その足の数は28本でした。鶴と亀はそれぞれ何匹いるでしょうか。」

親切な問題は鶴の足は2本、亀は4本と書いていますね。

小学では方程式を習わないはずなので置き換えて考えます。

もし、全て鶴だったら、、、

2 x 10 = 20

20本となり、28本には8本足りません。やっぱり亀がいるんです。亀の4本足があと何匹分かを考えるということになり、亀の足は鶴の足より2本多いので、

8÷2 = 4

鶴4匹を亀に置き換えるということになります。よって、

亀は4匹、16本の足

鶴は6匹、12本の足

合計10匹、28本の足となります。

鶴亀算の例題

さてこの手の問題は無数に作れますので例題を二つほど用意しましたので暇つぶしにどうぞwwww

制限時間は1〜2分くらいですかね。大人は時間にシビアですwww 

2種の飲み物

1本150円のジュースと1本100円のミネラルウォーターを合計40本買いました。

5,000円にて支払ったところ、お釣りは400円でした。この時、ミネラルウォーターは何本買ったでしょうか。

解答

18本

まず、いくらかかったかですが、

5,000円からお釣りの400円をひいて4,600円ですね。

ミネラルウォーター40本買った場合、

40 x 100 = 4,000

4,600円には600円不足ですから不足分をジュースと置き換えます。

600 ÷ 50=12

よって、ミネラルウォーター28本(2,800円)、ジュース12本(1,800円)をそれぞれ買ったということになります。

3種の切手

80円、120円、210円の3種類の切手を全部で25枚買いました。80円の切手は120円の切手の2倍の枚数を買いました。合計の値段が2,800円でした。それぞれ何枚買ったのでしょうか。

解答

80円切手、14枚

120円切手、7枚

210円切手、4枚

3つではつるかめになりませんねーwww

でも大丈夫、必ず条件がありますのでセットにして無理やりつるかめにします。

80円と120円は必ず2倍の関係なので

80 x 2 + 120 = 280

この3枚の組み合わせを1セットとして考えればつるかめできます!

ではセットを最大に買った場合を考えます。

25枚買ったので25 ÷ 3 = 8 余り 1

8セットと210円切手1枚となります。

280 x 8 + 210 = 2,450円

2,800円なので350円不足しますね。ということで差分を考えます。1セット3枚なので210円切手は210 x 3 = 630円ずつ増えていくことになります。630円と280円の差は350円ですのでちょうど1セット減らすと答えになります。

よって、80円切手は7の倍の14枚、120円切手は7枚、210円切手は4枚となります。

いかがでしたか。

大人の皆さんはSPIを思い出したかもしれませんねー。小学生ではxとyは使わずに頑張って鶴と亀に置き換えたということを思い出したんじゃないかなと、算数苦手な方もこれは懐かしくなったでしょうと思います。




いいね! 0 いいね!
読み込み中...